iPhoneの機能面の進化について

iPhoneの機能面の進化について

初期の頃の機能

iPhoneが最初に登場したのは2007年の頃です。こちらディスプレイをタッチして操作することができるのが話題となりました。初回のリリースでも100万台を突破して大ヒットとなったのです。こちらのおかげでタッチスクリーンの有用性を多くの方が知ることとなりました。

iPhone3Gというものが発売されたのですが、こちらは日本で最初に正式に販売されたiPhoneです。こちらからはアプリサービスがスタートしました。ストアから自分の利用したいアプリをダウンロードして利用できるようになったのです。また、位置情報を取得できるようになり、とても便利になりました。

iPhone3GSが次に登場したのですが、こちらからはビデオ撮影機能が搭載されました。他にも、デジタルコンパスや音声コントロール、アクセシビリティといった機能も追加されて、今のiPhoneで普通に使われている機能がこの頃にはすでにできているのです。

iPhone4になるとマルチタスクが可能となりました。これは複数のアプリを同時に起動させることができるというものです。さらにiPhone4Sになると自然言語処理システムが登場しました。これによって利用者が音声を用いて処理や応答をすることが可能となったのです。このようにiPhoneは初期の頃からどんどんいろんな機能が追加されていきました。